創業時に借りておかないと、必ず後悔することになる

こんにちは。横山幸一です。

創業者にとって、二年目、三年目の資金調達が、一番、難しいのです。

「お金を借りて、返せなくなるといやなので、自己資金の範囲内で創業したい」
と考えられている創業希望者の方は、少なくありません。

しかし、創業時には、絶対にお金を借りておくべきなのです。

確かに、お金を借りると金利がかかります。

500万円借りて、金利が2.4%だと、年間12万円。1ヶ月に1万円となります。

これをもったいないと考えるか、それとも安心を確保するための必要経費と考えるかどうかで、その後の展開が変わってきます。

創業後、計画通り、業績が順調に推移すれば問題はありませんが、計画通り進まないこともよくある話です。

思うように売上や利益が上がらない状況が続くと、遅かれ早かれ、手持ち資金は枯渇します。

そのときに慌てて、お金を借りに行こうと思っても、簡単には貸してもらえません。

実績が伴っていないからです。

創業する際は、実績などありませんから、「自己資金額」や「経験」、「事業計画書」を見て審査します。

その結果、ある一定の条件さえ揃っていれば、ほぼ、貸してもらうことができます。

しかし、開業して半年以上も経つと、業績がどのように推移しているかということを重視します。

収支がずっとマイナスの状態だと、貸す方も、
「ここに融資するのはリスクが高い」
と判断するため、融資することに二の足を踏みます。

創業者の多くが、1年目が終わった時点で資金が枯渇し、融資を申し込みに行くのですが、その時点で申し込んだ場合、金融機関の担当者からは、
「ずっと、マイナス収支が続いていますね。申し訳ございませんが、もう6ヶ月程度、業績の推移を見させてください。
それで改善されていた場合は、前向きに検討させていただきます。」
と言われます。

融資を体よく断られるということになってしまいます。

「ここでお金を借りて、てこ入れしようと思っています。」
と言っても、それまでの実績により、経営者の能力が不足していると判断されるため、てこ入れしても結果が伴わないだろうと思われてしまいます。

その結果、事業を運営していく資金が足らなくなり、廃業してしまうというケースは、とてもたくさんあります。

「お金を借りても返せなくなるといや。」
という考えではなく、

「借りたお金をいかにはやく返せるようにするか。そのために借りたお金を、どう使うのか」
という考え方にしない限りは、創業した会社を存続させることはできないと思っておいた方がいいのです。

創業時に借りる必要がなくても、借りておくことで、資金ポジションが高くなります。

業況が思うように推移しないとき、その状況を打開するためには投資が必要です。

飲食店を経営していたものの、集客が上手くいかず売上が上がらないときは、集客を増やすために広告を打つということをしますよね。

この広告を打つというのが投資になります。

でも、残っている資金が少なければ、なるべく経費を使わないようにという意識が働きます。

資金がなければ、こういった場合に、広告を打つことはできず、今のままで、来店客数が増えるのを神に祈るしか方法がなくなります。

待っているだけでは、何も変わらないので、来店客数が増えることはありません。

資金ポジションが高ければ、そういった投資を行うことへの抵抗は少なくなるため、積極的に投資を行って、業況を打開することができます。

ほとんどの金融機関は、
「今、お金を借りないと、会社がつぶれてしまいます」
という経営者にお金を貸すことはありません。

なので、資金に余裕がなくなってから、金融機関に借りに行っても、貸してくれません。

逆に、
今は「資金的に余裕があります」
という経営者にお金を貸したがる傾向があります。

経営者にとって、一番お金を借りやすいのは創業時ですから、創業する際、借りる必要がなくても、必ず借りておくべきなのです。

必要なければ、銀行に定期預金として預けておけばいいのです。

それを最後まで使わないことができれば、経営は成功していると言うことですから、その借り入れに対する金利は、問題にはならないでしょうし、使う機会があるのであれば、先に借りていたということは正解だったということになります。

将来に対する備えをしておくのも、創業を成功させるために必要なことなのです。

関連記事

コメントは利用できません。