創業融資と相性のいい銀行に資金を入れてもらいます

こんにちは。横山幸一です。

中小企業は、付き合う銀行を間違えると、イザという時に助けてもらえません。

日本政策金融公庫の創業融資がうまくいったかたと言って、安心できません。

借りた資金をどの銀行に入れるかを、すぐに決める必要があります。

そこで、適当に銀行口座を決めると、あとでやっかいなことになります。

中小企業なら、信用金庫に口座を作って着金させるのが大切です。

創業融資のあとは、すぐに銀行で100万円借りておくのです。

あるいは、創業融資のあと半年後に、資金調達できる銀行とのパイプを作っておくのです。

必要でない分を借りるので、返済はたやすいはずです。

使ってしまわないように、定期積金や定期預金にいれておきます。

融資額100万円といえども、予定通りに返済すれば、銀行からの好印象をもらえます。

「この社長は、きっちり返す人だ」と思ってもらえることは、銀行との信頼作りに大いに役立ちます。

くれぐれも、メガバンクや都市銀行に着金させてはいけないのです。

でも、信用金庫といっても、融資に積極的なところと、そうでないところがあります。

会社から近いからという理由で、決めるとキケンです。

このような情報を2時間でお伝えできる機会を作りました。

信用金庫を見極めて、融資してもらいやすい会社になれます。

銀行が貸したくなる会社になるための【融資獲得 最強のルール】入門講

関連記事

コメントは利用できません。