創業予定なら、1年目に借りて、3年間安心できます

こんにちは。横山幸一です。

資金調達には、一番借りやすい時期と借りにくい時期があります。

ビジネスを行う上で、一番資金調達がしやすい時期は、創業時です。

大切なのは、一番資金調達をしにくい時期がいつなのかを、知っているかどうかです。

創業して2年目や3年目です。

この時期は、一番貸してもらいにくいのです。

創業時、会社に実績などありません。

条件さえ整っていれば、ほぼ、創業融資を借りることができるのです。

2年目や3年目になると、金融機関は実績を重視します。

毎月の収支がマイナスになってしまったら、積極的に融資をしてくれる金融機関はありません。

「もう半年から1年、様子を見させてください」と言って断られます。

この時、多くの創業者が廃業していくのです。

乗り越える方法はあります。

そのために、しておくと良いことは、

1、創業融資に積極的な金融機関を、返済引き落とし金融機関にすること

2、最初に、貸付担当役席とのパイプを作っておくこと

3、相談出来るコンサルタントや士業と顧問契約しておくこと

4、毎月、コンサルタントや士業とミーティングを行うこと

5、毎月、金融機関に業況報告を行うこと

の5つです。

返済引き落とし口座として選ぶ金融機関は、「創業融資に積極的になっている金融機関」です。

どこが積極的かは、融資に強いコンサルタントなら知っています。

大切なのは、創業融資を確実に成功させるポイントをおさえておくことです。

関連記事

コメントは利用できません。