無借金経営は、社長の「犯罪」

こんにちは。横山幸一です。

無借金経営を自慢している社長は、その本当の「リスク」に気づていないのかもしれません。

「借入れは悪」と考えている経営者は、地震など不慮の事態が起きてしまった場合、どうしますか?

実は、現預金が底をついてしまうと、倒産に追い込まれてしまうというリスクが高くなってしまうことに気づいてない方は
たくさんいらっしゃいます。

実際に、
「ウチの会社は一回も借金をしたことがない」
「今年度も、何とか借入れをせずに乗り切ることができた」
と誇らしげに語る経営者の方に、何度もお会いしたことがあります。

なぜ、数字のプロである税理士や会計士が、借入れを勧めないのでしょうか?

士業が融資に対する正しい知識がない。

だから、顧問先には「借入れは悪」と、アドバイスをする。

これは、経営者にも士業にもマイナスだということに、気づくべきです。

士業が融資の知識を身につけ、そのメリットを理解する。

だから、顧問先には「借入れは会社や社員を守るために必要」とアドバイスをする。

こういう流れができれば、顧問先は倒産リスクが下がり、安定的な経営ができるのです。

関連記事

コメントは利用できません。