銀行格付けよりも大切な次の基準ができました

こんにちは。横山幸一です。

銀行が重要視しているものは、だんだんと変わってきています。

銀行をはじめとする金融機関は金融庁の監督下にあります。

金融庁に従って業務を行わなければならないのです。

2014年6月まで、金融庁は「金融検査マニュアル」を金融機関に求めていました。

財務内容の良い先や担保・保証人がしっかりしている先が、格付けの高い先と判断されていました。

格付けの高い先に、優先的に融資をするように指導していたのです。

債務超過や二期連続赤字の会社は、なかなか融資をしてもらうのが難しい状況でした。

ところが、2014年7月から、金融庁の監督指針が大きく変わりました。

金融庁検査で、格付けを見なくなったのです。

決算書の内容や保証・担保だけで判断するのではなくなりました。

事業内容や成長可能性等も評価して融資するという方針になりました。

ことを「事業性評価融資」と言います。

現在の金融庁は、金融機関に対して、
「事業性評価融資への積極的な取組」と「取引先企業への本業支援」
を求めています。

2018年には金融検査マニュアルが廃止となります。

これからは、格付けの重要度がドンドン低下していきます。

銀行格付けを高めるため、決算書の内容を細かく操作するという手法に意味がなくなってくるということです。

金融機関は保守的です。

今までの金融検査マニュアルによる格付けをなかなか変更できません。

しかし、現在の金融庁は本気です。

この先、金融機関はいつまでも、従来の審査体制でいることは難しくなります。

これから重要となるのは、「事業性評価融資への積極的取組」と「取引先企業への本業支援」を重点的に行う体制ができているかどうかです。

金融検査マニュアルは、2018年に廃止になります。

その金融検査マニュアルに基づいた銀行格付けも、次第に重要視されなくなっていきます。

いつまでも「銀行格付けが・・・」と言っていては、時代に取り残されてしまいます。

これからは、「事業性評価融資」が重要となっていく時代です。

関連記事

コメントは利用できません。