自己資金で不安な方におすすめです

こんにちは。横山幸一です。

金融機関がほしい書類を提出できれば、希望通りの金額を貸してもらえる可能性が高まります。

決算書よりも重要な書類が存在します。

無借金経営では、イザという時にお金を借りることはできません。

ある日、建設業関係の会社から独立したい社長様から、電話がかかってきます。

建設業関係の事業なので、会社設立には設備費用に数百万円必要です。

会社設立後には、すぐに日本政策金融公庫に融資を申し込む計画です。

その社長様から、業務完了後の感想をいただきました。

—–

・弊事務所に業務の依頼をしようと思われたきっかけは何ですか?

インターネットやホームページ等で、融資に強いという言葉に引かれました。

・実際に依頼してみて、どういう点が良かったですか?

自己資金に少し不安がありましたが、その不安を定期的なミーティングや書類作成でカバーしていただき、無事希望額まで借りることができました。

一人ではできないことだと、あらためて思いました。

・今回依頼された業務は、どんな人におすすめですか?

やはり、私みたいに事業はしたくても、少し自己資金の面で不安を持たれている方におすすめしたいです。

不安があっても、相談して対策をすれば、可能性があることを伝えたいです。

・その他、率直なご感想をお聞かせください。

まず今回、一人ではとうてい無理なことだったと、痛感しております。

一人で悩まずにまず相談して良かったなというのが本音です。

これで、新規事業をスタートすることができます。

ありがとうございました。

(株式会社髙井重量 代表取締役 髙井 譲様)

—–

自己資金は、創業融資を借りるときには、一番重要です。

日本政策金融公庫の担当者の方からは、事業に必要な額の3割を自己資金として、準備しておいてほしいと言われます。

今回の場合、自己資金は110万円で、融資希望額は900万円です。

いつもなら、400万円までなら貸してもらえたでしょう。

でも、今回は400万円貸してもらえませんでした。

400万円ではなく、希望額通り、満額の900万円の融資に成功しました。

ある方法を使って、面談に臨んだからです。

その方法は、すべて今回のセミナーで公開します。

ひとりで悩むことなく、資金繰りのストレスから解放されるチャンスが手に入ります。

・銀行が貸したくなる会社になるための【融資獲得 最強のルール】入門講座
https://peraichi.com/landing_pages/view/0729

関連記事

コメントは利用できません。