中小企業が1%未満で借りることも可能です

こんにちは。横山幸一です。

中小企業でも、低金利で借りることは可能です。

中小企業の経営者からよくある質問の一つに、「どうすれば、貸出金利を引き下げることができますか?」というのがあります。

「1%未満で借りることができた」という話は、いろんなところで聞いたりします。

確かに1%未満で借入が出来ている中小企業も少なくありません。

全ての中小企業が1%未満で借り入れできるかというと、そんなことは不可能です。

低金利で借入を行うための要件は、

1.低金利で貸出できる金融機関とつきあうこと
2.財務内容を良くすること
3.複数の金融機関とつきあっておくこと

の3つです。

1.低金利で貸出できる金融機関とつきあうこと

どの金融機関も低金利で貸出をできるわけではありません。

大きい金融機関になればなるほど、金利が安くなるのです。

規模のあまり大きくない信用金庫や信用組合は、どうしても金利が高めです。

金利を思いっきり下げたいなら、規模の大きい金融機関と取引する必要があるのです。

規模の大きい金融機関とは、メガバンクや地方銀行です。

2.財務内容を良くすること

規模の大きい金融機関とつきあっていれば金利は安くなるのか?

実は、そうとも限りません。

財務内容の悪い企業は、安い金利で借りることができないのです。

3.複数の金融機関とつきあっておくこと

財務内容が良くて、規模の大きい金融機関とつきあっていると、1%未満で必ず借り入れることができるのか?

まだ、それだけでは十分ではありません。

確実に、金利を下げたいなら、複数の金融機関とつきあうことです。

一つの金融機関としかつきあっていないと、どうしても金利は高くなりがちです。

理は2つです。

一つ目は、「足元を見られるから」

「うちが貸さなければ、他に借りることはないだろう」と思われてしまいます。

その立場を利用して、高めの金利を提示してきます。

二つ目は、「借入金利の適正な基準がわからないから」

一つの金融機関としかつきあっていないと、あなたは借り入れている金利が、高いか低いか判断できません。

「御社には、当銀行での最優遇金利を適用させていただきます」と言われて、「そうか、うちは優遇されているのか」といい気になっていたら大間違い。

実は、他の同様の企業に比べて、1%以上高い金利になっていたとういうことも、よくある話です。

複数の金融機関とつきあっていると、あなたが借り入れられる適正金利が判断できます。

金利を引き下げてもらえないときは、「では、他行にすべて肩代わりしてもらいます」と言えばいいのです。

財務内容の良い企業であれば、よほどの理由がない限り、金利を引き下げてもらうことができます。

あなたの会社や、あなたの顧問先の会社の財務内容がいいのであれば、まずは、メインバンク以外の金融機関と取引をしておくことをお勧めします。

「1%未満の金利で借入ができるのであれば、確かに魅力的だが、そもそも、確実に借入ができるかどうかもわからない」と言われる経営者も少なくありません。

貸出利率を引き下げるための第一条件として、「確実に融資をしてもらえるようになる」というのがあります。

融資に強い行政書士なら、その状況を作ることができます。

関連記事

コメントは利用できません。