融資が高確率で獲得できるワケ

黒字など会社が好調なときにこそ、地元の地域密着型の金融機関とのパイプを作っておくべきなのです。
地元の地域密着型の金融機関なら、いざという時に力になってくれます。
金融庁の方針が変わり、事業性評価を中心に融資が行われることを知っている会社と知らない会社では、今後融資してもらえる可能性に大きな差が生じてきます。

「SP融資コンサルタント」は、融資コンサルタント協会が実施する、全14時間におよぶ濃厚な基礎集中講義を受けています。もちろん必要なときには、当協会からアドバイスやサポートを受けられる体制も整っています。さらに、変化の激しい金融機関の融資商品や、毎年変更になる政府の補助金、また最新の融資事例などについて学ぶ勉強会「融資実践研究会」にも随時参加しています。


  • 金融機関は何を決め手にして、融資する、しないを決定しているのか?
  • 融資をスムーズに引き出すには、企業側にどんな準備が必要なのか?
  • それらの準備をいつごろから始めれば、実際に融資が必要な時期に間に合うのか?
  • 経営者個人に負担のかからない融資商品や補助金は、いくつぐらい存在するのか?
  • 今いちばん借りやすい旬の融資商品は何か?
  • 発表されたばかりで競争率の低い補助金は何か?
  • それらのうちから、企業の業種や業績、また各社の事情に応じた、適切な融資商品の選び方は…?

これら融資についての専門研修を受け、変化の激しい融資情報をタイムリーにアップデートし続けているのが、融資コンサルタント協会に所属する「SP融資コンサルタント」です。
金融機関側でも行政側でもなく、経営者の側に立って経営者の味方になる融資のスペシャリストです。